ジョモリーの成分と危険性や副作用は?

2017年12月5日

ジョモリーには「抑毛」成分のほか、「毛穴の引き締め」「保湿・美肌」「消臭」などに効果を発揮する成分も配合されているため、全身のトータルケアが可能です。

 

初めて石鹸を使う人にとっては、どんな成分が入っているか不安の方も多いと思います。ジョモリーの成分と、危険性はないのか?使用して副作用が出た人はいないか?など詳しく調べました。

 

私が購入前に調べた事なので、購入をお考えに方は、ご参考にどうぞ!

ジョモリーの成分は?

では、ひとつひとつの成分について詳しくみていきましょう。

抑毛成分

パパイン

パパイヤの果実から抽出した成分です。
パパインにはにタンパク質を分解する酵素が含まれており、95%がケラチンというたんぱく質で出来ている毛を溶かす作用があります。

 

また、パパインは角質細胞に付いている不要なたんぱく質を分解し、毛穴に詰まった古い角質を取り除きターンオーバーを促進してくれます。

 

ブロメライン

パイナップルエキスの別名です、パパインと同じようにたんぱく質分解酵素を含んでいます。

 

イソフラボン

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする成分です。

 

体毛が濃いという事は、女性ホルモンより男性ホルモンが多く分泌されているというこどですので、イソフラボンの働きによりホルモンバランスを整え、体毛を薄くする作用があります。

 

ラレアディバリカタエキス

キャピスローという樫(カシ)の木から抽出されたエキスです。

 

毛母細胞などに作用することでムダ毛の発育、成長を遅らせる効果があります。

 

また、保湿効果もありますので、脱毛処理後のお肌をなめらかに保つ効果もあると言われています。

 

ムダ毛の再生を抑制する実証データがある植物から抽出されるエキスです。

 

毛を作るための、細胞ができるスピードを遅らせてくれるので、新たに毛が再生するのを防ぐ効果があります。

美容・保湿成分

ジョモリーには、美容や保湿効果のある成分も配合されているので、乾燥肌による埋没毛や毛穴の色素沈着、いわゆる黒いブツブツを防ぐことができます。

 

リンゴ果実エキス

リンゴから抽出されるエキスです。角質層を柔らかくすることで保湿成分を奥まで浸透させ、うるおいをキープします。

 

ヒアルロン酸

たったの1gで6,000mlもの水分を保持することができるヒアルロン酸。高い保湿効果でムダ毛処理後のお肌の乾燥を防ぎ、黒いブツブツを予防します。

 

プラセンタ

哺乳類の胎盤から抽出される成分です。お肌のターンオーバーを促進したり、ホルモンバランスを整えて抑毛してくれる作用があります。

毛穴を引き締める成分

ジョモリーには、ムダ毛が抜けた後の毛穴を引き締め、汚れの詰まり、沈着、黒ずみなどを予防する成分が配合されています。

 

ユキノシタエキス

雪ノ下という多年草の植物から抽出されるエキスです。むくみを予防、改善する効果や、美白効果があります。

 

ドクダミエキス

ドクダミという植物から抽出されたエキスです。開いた毛穴を引き締める作用があります。

 

チャ葉エキス

緑茶の原料となる茶葉から抽出されたエキスです。カテキンやビタミンCが豊富なため、美白効果や抗炎症作用、アンチエイジング作用も期待できます。

 

消臭成分

ジョモリーには消臭成分も配合されています。脇やデリケートゾーンなどの臭いが気になる方にもおすすめです。

 

カキタンニン

柿の渋みとしておなじみのカキタンニン。柿タンニンにはニオイ成分と結合し、他の成分に変えてしまうという消臭効果があります。

 

殺菌作用もあるので、ワキやデリケートゾーンの臭いの原因となる雑菌の繁殖も抑制してくれます。

 

ミョウバン

ミョウバンには抗菌・殺菌作用があります。ワキガやスソワキガにも効果があると言われるほどの強力な消臭効果を発揮します。

 

ベントナイト

ベントナイトとは、モンモリロナイトを主成分とする粘土の総称です。

 

体臭の原因となる皮脂やバクテリアを吸着する性質があり、とくに加齢臭などに効果を発揮します。

ジョモリーは危険性はあるの?

ジョモリーの抑毛成分は天然由来のものばかりです。

 

低刺激でお肌に優しい成分を使用しているため、顔やデリケートゾーンなど、全身のどこにでも使用することができます。

 

石鹸自体も完成までに一カ月以上かかる「枠練りコールドプロセス製法」で作られています。

 

この製法では加熱を必要としないので、有効成分を変質させることなく、そのままぎゅっと凝縮することができます。

 

また、徹底した品質・安全管理のもと丁寧に作られているため、副作用の心配もなく安全性の高い商品です。

 

ただし、パパインやブロメラインなどはたんぱく質を分解する成分ですので、場合によってはお肌がヒリつく、かゆみ、赤みなどが出る場合もあります。

 

もちろん肌を保護する成分も入っているので、副作用が出ることはあまりありませんが、
事前にパッチテストをしてお肌との相性を確かめておく事が大切です。

 

ジョモリーは子供にも使用できるのか詳しく調べましたのでお子さんに使用をお考えの方はこちらへどうぞ!

ジョモリーは子供にも効果がある?

ジョモリーを使用して副作用が出た人はいる?

今のところ、ジョモリーに関する重大な副作用の報告は一切ありません。

 

口コミなどを調べてみても、ジョモリーで肌荒れしたなどの意見はほぼないようです。

 

ジョモリーは顔にも使用できますが、眉毛や口の産毛に使用するときは目や口の中に泡が入ってしまわないように注意しましょう。

 

敏感肌の方でも安心して使用することができますが、アレルギー体質の方、お肌が弱い方などは、必ず使用前にパッチテストをしてくださいね。

 

万が一赤みやかぶれ、痒みなどが生じた場合はただちに使用を控え、皮膚科の受診をおすすめします。

 

ジョモリーの口コミはこちら

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

未分類

Posted by jo


PAGE TOP