ジョモリーを効果的に使用する方法、使い方をアレンジしてみよう!

2017年5月14日

自宅で簡単に出来る除毛ケアが行えるとして、除毛石鹸としては異例の売上を記録しているジョモリー。

 

その効果についても高い評価を得ている商品ではありますが、どうせなら一番効果的な方法で使用したいですよね。

 

そこでここでは、ジョモリーの効果を最も引き出せるであろう使い方と、基本的な使用法以外のオススメの使い方をご紹介します!

ジョモリーを最も効果的に使用する方法

ジョモリーを上手に使用するポイントは、如何に濃密できめ細かい「泡」を作るかに掛かっている…と言っても過言ではありません。

 

泡がしっかりとムダ毛包み込んで溶かし、きめ細かい泡で優しく洗う事でお肌に負担を掛けずにスキンケア成分を浸透させる事になる訳です。

 

もちろん石鹸(ジョモリー)を手に取ってそのまま泡立てていただいても問題はありませんが、より泡立ちを良くし、きめの細やかな泡をつくるために、石鹸の泡立て用ネットを使用するのがオススメ。

 

これは市販のものを購入しても良いですが、履かなくなったストッキングなんかでも代用が可能です。

 

「何か貧乏臭くてやだなぁ~」などと侮どるなかれ、ストッキングに石鹸を入れて洗面器のお湯で泡立ててあげると、いちいち頑張らなくてもほんの数十秒で細か~い泡がどんどん出来てくれるので、かなり優秀なちょいウラ技です。

 

そんな感じで泡立てに関してはOK、後はどんなタイミングでジョモリーを使えば最も効果的なのかを考えてみましょう。

 

先に少し触れましたが、ジョモリーはムダ毛を除毛成分で溶かし、毛穴の外側に出ている部分をまず取り除いていき、最終的には毛根まで除去してしまうという商品なので、「毛穴から出ているムダ毛が溶解されやすいタイミング」と「除去成分が毛穴まで届きやすいタイミング」でジョモリーを使用するのが最適と思われます。

 

さらに、出来ればある程度ムダ毛や皮膚・毛穴に付着した汚れや脂が無い状態の方が、除毛及びスキンケアの有効成分が浸透していきやすいと考えられるので、ジョモリーを使用するタイミングは「お風呂に入っている時」、出来るだけ湯船で温まってから使うのがベストかと思います。

 

ムダ毛が柔らかくなっていれば除毛成分が毛を分解しやすいですし、スキンケア成分なんかも毛穴から肌の深層に浸透しやすくなるため、ムダ毛の処理効率のアップはもちろん、美肌効果についても効果アップに期待が持てるでしょう。

 

除毛商品には他にもクリームタイプやジェルタイプといったものがありますが、このようにお風呂でカンタンに使えるというのが、除毛石鹸ジョモリーの一番の特長です。

使い方をアレンジ!

基本的な使い方

ジョモリーをよく泡立ててから、その泡で全身を包み込むように洗い、その後はシャワーなどでしっかりと泡をすすぎ落とします。

 

背中のように自分の手が届かない部分はボディタオルで洗っても良いですが、基本的には泡を手に取って強く肌を擦り過ぎないように、優しく洗い上げていきましょう。

 

ただ洗うだけで全身を組まなく除毛ケアする事が可能ですが、ピンポイントでのムダ毛処理は苦手なので、使用したく無い箇所は避けて洗います。

 

この使い方は比較的ムダ毛が薄い方や、全身の産毛の処理をする場合に最も適した使用方法です。

抑毛ケア(脱毛後のアフターケア)に使う

基本的な使用法は通常のものと変わりはありませんが、生えっぱなしのムダ毛に対して直接使用するのでは無く、脱毛処理後に新しいムダ毛が生えにくいようにするために使います。

 

ある程度ムダ毛が処理された状態の時に、成分が強いクリームやジェルタイプの除毛剤を使用すると、お肌に負担をかけ過ぎてしまうため、脱毛処理後のアフターケアにはジョモリーのようなお肌に優しい除毛石鹸がオススメです。

ヒゲ剃り後に使う

まあ、ワキ毛やスネ毛なんかもそうなのですが、顔ヒゲのように生え替わりのサイクルが早い部分は毎回の処理が大変ですし、剃れば剃るほど濃くなって、処理した部分が青く残って見えてしまう事もありますよね。

 

そういった部分にジョモリーを使用していくのも非常にオススメです。

 

例えば男性の青ヒゲ部分にヒゲ剃り後に使うと、太かった毛が徐々に細くなって青く残りにくくなりますし、ヒゲが柔らかくなって剃りやすくもなってくれます。

 

もちろん女性の顔にも問題無く使えますし、ワキ毛やアンダーヘアなどの毛の強い部分に使用すれば、男性のヒゲと同様の効果が得られるでしょう。

腋臭(ワキガ)ケア用品として使う

ジョモリーを除毛石鹸として使用するのもアリですが、ワキガやデリケートゾーンの嫌なニオイをケアする体臭ケア石鹸としても使えます。

 

ジョモリーにはカキタンニンやミョウバンなどの消臭効果のある成分も豊富に含まれていて、さらに脇やデリケートゾーンなどのムダ毛を除毛し清潔に保ちやすくしてくれるため、ムダ毛と一緒に気になる体臭ともサヨナラ出来ますよ。

 

その方が嫌なニオイが落ちるような気はするかもしれませんが、体臭ケアの場合もあまり強く擦り過ぎるのはNGで、肌が傷ついてしまうと余計にニオイがキツくなってしまう可能性もあるため、やはりこの場合も泡で優しく洗っていきます。

 

また、埋没毛などもワキガの原因となってしまう事があるので、カミソリやシェーバー・ピンセット(毛抜き)などの使用は極力避けた方が無難です。

 

…とまあ色々な使い方を紹介してみた訳ですが、これ以外にも使い方次第でもっとたくさんのアレンジが可能かと思いますので、皆さんも是非実際にジョモリーを手にとってお試しいただけたらなと思います。

 

ジョモリー口コミ>>

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

 

未分類

Posted by jo


PAGE TOP